ただ生きるのではない、喜びのある日々を

もうどのくらいの月日がたったのでしょうか

私の母が入院して、退院して
在宅生活を始めて

退院当初は夏を越えられるかわからないと
医師に言われ覚悟はしていたものの

一体母のパワーはどこから湧き上がってくるのか・・・
一人でトイレに行けるようになり
食事もミキサー食を脱し
とろみをつけなくても食べられるようになって

看護婦さんには、来てもらわなくていいと断って
週二回だけヘルパーさんにきてもらって
一日は食事、トイレの見守りをしてもらい
もう一日は車椅子に乗って散歩を楽しんでいます

私たちは一日でも長く母と一緒に暮らしたくて
在宅介護の道を選びました
でも介護の負担は家にいる姉に重くのしかかります
全盲の上、いつ急変するかわからないので
気分転換にと家をあけることもできません
姉もそれは覚悟はしていました

少しでも体にいい食事をと書店をめぐり
癌にきく食事療法の本を買い漁り
研究しました
使っている食材も水もすべて替えました

糖尿病を持っている母なので
血糖値のコントロールもあり大変ですが
もと病院の栄養士だった姉は頑張ってくれてます

母の食事にはいい食材と水を使わないと
てきめんに状態が悪くなります
少しでもケチって節約しようとすると
母の体に負担がかかるのです

私のできることは惜しみなくお金を出すことくらいです
母のために精一杯いいものが作れるように
協力して話し合って、ここまでたどりつきました

愛だけでは生きられない
お金が足りないと家族の心までギスギスになる
だから私は、会社にひたすら仕事をもらい働いている

私が朝から晩まで働いていると
収入は得られても、家族は不安になる
結局お金があってもなくても
人間の不安はつきることはないのです

しかし家に病人がいると
誰よりも心を痛めるのは小さな子どもです

「なんでいつもおばあちゃんが優先なの?」

娘に言われてはっとしました・・・
娘が何も言わないのをいいことに
甘えていたんです

母の苦しみ、姉の苦しみ、娘の葛藤
ここでは書ききれないいろんなことがありました

でもひとつだけ確かなことは
どんな状況に陥っても
笑顔と希望だけは失ってはいけないということです

私は今すべてのことに
「大丈夫、なんとかなる」と楽観的に考えてます
時々姉がイライラして子どもや母に八つ当たりしても
責めたりせずに「苦労をかけてごめんね」と謝っています
そして「大変だろうけど大きな声は出さないでね」とお願いしています

完璧な人間なんてどこにもいません
だからどんなことでも受け止めて、許しています
今の私にできるのはそのくらいです

娘はだんだん穏やかになっています
姉も最近は笑顔を見せるようになり
落ち着いてきたように感じます
母は遠慮して何も言えなかったのが
自分の言いたいことが言えるようになってきました
それが、一番いいのです

私の日課は、夜21時に娘と一緒に寝て
夜中2時に起きて、母の血糖値を計ります
それから明け方まで起きて見守りをします
母を見守りながら
来月下旬に迫った介護福祉士の勉強をしています
母にいい報告ができるように絶対合格したいです

週に一回は早く帰宅するので母をお風呂に入れています
そして日曜日は、家族の食事は私が作っています
母の食事は特殊なので姉の担当です
それでも姉は助かると言ってくれてます

家族四人で暮らせる時間が、あとどのくらいなのかは
神様しか知る由はありません

でもこうして暮らせていることは
奇跡のように感じています

子どもや家族の不安や哀しみを受け止め
喜びをわかちあって
たくさんの思い出をつくっていきたいと思います

これから先はただ生きるのではなく
喜びのある日々を送っていけたら、と思っています
[PR]

# by sawayaka37 | 2010-12-06 03:29

母の入院生活

プロ野球が大好きな母は
今シーズンは、まだ一度もラジオ放送を聴けず
今は病院のベッドで、私からの試合結果を聞く毎日です

母が応援しているソフトバンクホークスは
負けっぷりもすごく、なかなか苦戦しています
しかし、母曰く・・・

「昨年は最初が良くて、後からどん底になったから
今年は最初が悪いのできっと大丈夫♪」

耳が遠い母と私の会話は
とても声が大きくなり、病室に響き渡ります
でも野球の話をしているときの母があまりに
いきいきと楽しそうなので
同室の患者さんたちも、楽しそうに会話に加わってくるのです

母は目も耳も不自由なので
会話はずべて、私が通訳しているのですが
患者さん達が、母に向かって話しかけてくれるので
母もすごく嬉しいみたいです

私は行ける時は、母の病院に行って
食事の介助、お薬、歯磨きなどの介助をしています
その様子を見て同室の患者さんは
「羨ましいですね、おばあちゃんは幸せですね~」
と言われます

その言葉を母に伝えると
「ハイ、娘はいいもんですね」
と、素直に笑って答えます

母の子どものような笑顔は
病室の辛気臭さを吹き飛ばしてくれるようです

母の病状は、緩やかに進行しているようですが
どんなに熱があって気分が悪いときでも
食事だけは残さずに、綺麗に食べてしまいます

そんな母を見て
普段は食べたくないと言っている患者さん達も
食事はちゃんとしなくちゃと思い直しているみたいです

明日は、母の介護区分変更のため
役所の方が認定調査にやってきます
あさっては、ケアマネ、訪問看護、その他関係者が集まって
担当者会議が開かれます
退院後の在宅ケアの話し合いをします

退院は今週末の予定
母は早く自分の家に戻りたいと言っています

[PR]

# by sawayaka37 | 2010-04-13 02:54

告知せず

数ヶ月ぶりの更新になります

訪問介護の仕事の他に
夜勤や巡回の回数が増えたので
なかなか落ち着いて
更新することが出来ませんでした

仕事は忙しいけど楽しいです
利用者さんと接していると
心からこの仕事に就いていてよかったと思います

そんな私の仕事を応援していてくれるのが
私の母なのですが
実は。。。
先週、その母が入院しました
今年になってずっと体調が悪く微熱が続いていたのですが
かかりつけの病院では異常がないと
ずっと言われていました

一週間ほど前でしょうか
私が夜勤に入っていたとき
娘から携帯に連絡がありました

「おばあちゃんが 口から 血をいっぱいはいた
せんめんきにさんばい、血をはいたよ」

目の前がクラクラきましたが
姉も自分が何とかするからいいと・・・
夜勤中でどうしようもなく夜が明けるのを待ちました
翌日、母はケロッとしていて食事も普通にしていました

しかし2日後にまた不調を訴えたので
今度は病院を変えて、近所の病院に連れて行きました
先生は真っ青な顔になられ
すぐに総合病院への紹介状を書かれました

すぐに点滴が始まり、MRI検査を受けました
そして即入院が決まりました
嫌な予感が頭をよぎりました
その日の夕方にすぐ内視鏡の検査が始まりました

夜遅く、担当医から話がありました
内視鏡で撮った胃の中の写真を見せられました
病名は胃癌でした
姉も私も言葉を失いました
そして、私はやっとの思いで先生に伝えました

「どうか、病気のことは、母には告知しないでください
母は良くなろうと必死で頑張っています
平気そうなふりをしていますが心の中は不安でいっぱいなんです

母には、生きる希望を持ち続けたまま
最期を迎えてほしいんです
全て家族が受け止めます、よろしくお願いします」

幼い頃の母との思い出が、走馬灯のように蘇りました
病室へ戻ると、母は私の手を握り
「車に気をつけて帰りなさい」と優しく声をかけてくれました

これからは一日一日が大切な時間になる
母のことがたまらなく愛おしい
この手に、この体に、触れることが出来なくなるなんて考えたくない

今、私が母に出来ることは
ありったけの笑顔を見せることだと思っている

[PR]

# by sawayaka37 | 2010-03-31 09:43

初参り

c0107487_3374198.jpg

あなたと出会ってから
もう二回目のお正月ですね

今日は一人のお友達として
あなたとここへ訪れました

たくさんの優しさを 
いつも、ありがとう

来年も また
あなたといっしょに
ここへ来られますように・・・
[PR]

# by sawayaka37 | 2010-01-18 03:42

いつの日か

ほん少しの気の緩みで
信頼を失ってしまう

信頼を得るのには
長い、長い、時間がかかるけど
失うのは、ほんの一瞬

悲しいけど また一からやり直し
でもくじけない
心は移り変わるものだから
きっとまた取り戻せるはず

いつの日か
心と心を重ねて
青い空の下
[PR]

# by sawayaka37 | 2009-12-23 23:11

温かい思い

一週間しか休んでなかったのに
一ヶ月くらい休んでいたような気持ちでした

利用者様たちが口々に
「大変だったね、元気になってよかったね」
と、声をかけてくれました

私がいなくても、代わりの人はいるけれど
出来れば最後まで一緒に歩いていけたなら・・・
利用者様たちの優しい笑顔に
そんな思いを抱いてしまいました

いつもと変わらない言葉
変わらない笑顔
同じことの繰り返しだけど・・・
お互いの心の中に
あたたかい強い何かが積み重なっていました

ありがとうございます
これからも、よろしくお願いします
[PR]

# by sawayaka37 | 2009-12-18 06:25

新しい朝に

久しぶりに休暇をとっていました

仕事を五日も休んでいたのですが
一ヶ月くらいゆっくりしていたような気分です

さて今日から現場に復帰します
まるではじめての現場へ向かうかのように
どきどきわくわくした・・・・

とても清々しい気持ちです
[PR]

# by sawayaka37 | 2009-12-14 06:05

あなたの手になる、足になる

あなたと出会って
もうどのくらいたつのでしょう

私の手は あなたの手になっていますか
私の足は あなたの足になっていますか

立つことも 座ることも
食べることも 寝ることも
自分の意思ではどうにもならない

なのに、いつも
「大丈夫です」と言ってくれる優しさに
とても心が救われています

私はただ、あなたの意志になりたい
あなたがやりたいことを精一杯成し遂げたい

いつの日かきっと
あなたの手になる、足になる
[PR]

# by sawayaka37 | 2009-12-12 22:45

ターミナル

一昨日の朝
ターミナルの利用者さまを紹介されました

99歳の女性
寝たきりで、食事はとれず
栄養補給は点滴のみ・・・

最期は自宅で看取りたいという
ご家族の強い希望で
一昨日退院されてきたばかりでした

支援内容は一日2回
それぞれ30分づつで
オムツ交換と清拭
体位交換と口腔ケアのみ

末期の方なので
いつ亡くなるかわからない
亡くなってもおかしくない
覚悟のいる終末介護になると言われました

そして昨日の朝
社員とご家族の前で
初めて一人で介護をまかされました

じょくそうだらけの皮膚
痩せ細った体
紫色に膨れ、腫れ上がった手足

オムツを交換して
蒸しタオルで顔を拭いて
口の中を清浄綿で綺麗にして・・・

利用者様と触れ合っているうちに
体があたたかくなってくるのを感じました
そしてだんだん自分の親の世話をしているかのような
いとおしい気持ちになってきました

言葉は出ないけど
気持ちよさそうな表情をなさっていました
ご家族の方もその表情を見て
とても嬉しそうになさっていました
病院はここまで丁寧にしてくれなかったよ
と、こぼされていました

高齢の娘様が乳液を持ってこられました
利用者さまの小さな顔にたっぷり乳液をつけて
マッサージをするように塗りこみました
とても気持ち良さそうにされていました

おかあさん、
気持ちよくしてもらってよかったね

娘様の声かけに少し微笑んだような眼差しを
向けた利用者さま・・・
これから最期まで精一杯お世話させていただこう
気持ちよくしてさしあげよう
私自身が覚悟を決めた瞬間でした

しかし、その利用者さまとお会いするのは
それが最後になってしまいました
その日の午後、容態が急変して
夜の訪問を待たずに
遠いところへ旅立っていかれたのでした

あまりに突然の知らせだったので
連絡を受けたときはただ驚いて
声も出なかったのですが・・・

でも、でも、ご家族の希望通りに
最期を自宅で迎えることが出来た
私たちは、ほんの少しそのためのお手伝いが出来た
もう会えないのは辛いけれど
よかったのかなって思っています

ご家族の方が涙声で
何度もありがとうございましたと言われていたそうです

私のほうこそ
このような大切なケアに関わらせていただいて
ありがとうございますと感謝の気持ちを伝えたい・・・

亡くなられた利用者さまのご冥福と
ご家族の方にたくさんの幸せが訪れることを
心からお祈りしています
[PR]

# by sawayaka37 | 2009-10-22 06:22

有料老人ホームの仕事

毎週木曜日は
有料老人ホームでの宿直スタッフとして
勤務することになりました
普通の老人ホームとの違いは
ここが利用者さまの「自宅」であるという点です

先日がその初日だったのですが
初めて踏み入れた「施設」という空間・・・
緊張しながらも何だかワクワクして
初めてだと言うのにもう何度も来たことがあるような
不思議な気持ちになりました

夜間スタッフは基本2名なのですが
私はしばらく「見習い」ということで、
スタッフ2名について
やり方を教えていただくことになります

夜勤の仕事の流れですが
17時から夜勤の仕事がスタートします
夕食の時間帯なので、食堂で食べる方たちの夕食の配膳
そして移動が困難な入居者さまのお迎え・手引きなど誘導があります

食事介助の必要な方へのヘルプや食後の内服確認
そして歯磨き、トイレ誘導、部屋まで誘導するなど
かなり慌しい時間を過ごします

食後は就寝前の内服介助があります
20時から22時くらいまでは各部屋を巡回して
内服していただくと同時に、オムツが濡れていないかなどのチェック
移動困難な方のトイレ介助も同時に行います
ゆえに手早く行わないと時間通りに終わることが出来ません

ついさっき巡回したはずの利用者さまから
ナースコールがあるのは当然のことで
30分おきに「トイレに行きたい」と、訴える人もいればいろいろです

全部受け入れていたら、いつまでたっても仕事が終わらないでしょ?
だから私は待っていただくようにお願いしてるの
だって、遊んでいるわけではないんだから、そこのところをわかってもらわなくちゃね
その代わり待たせた分だけ、手厚いケアをするし
あなたが待ってくれたおかげでとても助かったことを強調して伝えるようにしているの


私にそのように言った先輩は
入居者の方たちからとても厚い信頼を寄せられている方でした
先輩のケアは愛情深く、しかし情に流されず
一人ひとりの心身の状態もしっかり把握されている・・・

オムツの交換、トイレ介助もただ手早いだけなく
相手の体に負担がかからないように
本当に細やかな配慮がなされているのです
入居者の方も、先輩の巡回を心待ちにしていて
笑顔がこぼれているのがわかります

23時から深夜の2時半までは仮眠の時間で
ベッドでゆっくり眠ることが出来ました
比較的お元気な方が多いので、睡眠時間を確保できたのでしょう
施設初心者の私にとって働きやすい環境のような気がします

先輩は、私が訪問介護2年目だということを知っているので
「こんなこと言わなくても知ってるだろうけど・・・」
「経験がたくさんおありのようだから・・・」
と、最初はちょっとチクッと棘のある口調で
厚い壁が感じられたのですが

深夜巡回中、その先輩から
「あなた、介護の仕事好きでしょう?」と訊かれました
私はびっくりして
「嫌いじゃないです、どうしてそう思われたのですか?」
と訊き帰すと
「だってわかるもの、この仕事が好きって滲みでてるから・・・」
とても嬉しい、励みになる言葉をいただきました

明後日は、昼の訪問の仕事が終わった後
短時間ですが、見学で入る予定にしています
一週間も間をあけると厳しいような感じがしたので
施設長にお願いしてみました

覚えることが多くて全てを把握しきれず
先輩達にご迷惑をかけながらの勤務でしたが
とてもいいスタートを切り出せたような気がします

私も入居者の方たちから笑顔を見せていただけるような
早くてきれいで愛情いっぱいのケアが出来るよう
頑張りたいです^^
[PR]

# by sawayaka37 | 2009-09-12 23:41
line

山を登るようにゆっくりと


by sawayaka37
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30